Tポイントを貯めるならTカード一択!

カードを作りたいけど、どこで発行してもらえるのかわからず、調べるのも面倒くさい。このように考えている人もいるとおもいますが、実はカードは簡単に発行してもらえるのです。どのようなところで発行してもらえるのか、これから紹介していきたいと思います。

Tポイントカードの発行場所(大見出し)
Tポイントカードが欲しいけど、どこで発行すればいいのかわからない。近所や会社の人たちにカードの話を聞いていると、自分も作りたいという気持ちになっている。そんなあなたにTポイントカードを発行できる場所を紹介していきます。Tポイントカードを手に入れれば、お金を節約することができ、そのお金で趣味や娯楽に使えるようになり、人生を楽しむことができるでしょう。

・Tポイントカードは街中にある店舗で発行できる(中見出し)
Tポイントカードをどこで手に入れればいいのかわからない、このような悩みはすぐに解消できます。それは普段買い物をしているような店舗で作れるからです。Tポイントカードを使えるところは、ネットショッピングを合わせると、約70万店舗を超えています。本当にすごい数ですよね。70万店舗以上あるところで、一番最初にTポイントカードを発行したのがTSUTAYAです。そこから提携店舗を増やしていき、現在ではエネオス(ガソリンスタンド)・ファミリーマート(コンビニ)・ガスト(飲食店)のようなところでも使えます。これからTポイントカードを使える店舗を紹介しますが、街の飲食店・クリーニング屋・ドラッグストア・スーパーマーケット・地方銀行のようなところでも使えます。またヤフーショッピングや出前館など、ネットショッピングにもTポイントカードを使える店舗は数多くあります。

・カードを発行できる店舗は?(中見出し)
全部を紹介することはできませんが、カード発行できる店舗をいくつか紹介します。
まずTポイントを作るには、会員登録する必要があります。会員登録する方法は、店頭で登録する方法と発行後登録する方法があります。
店頭で登録できる店舗は、TSUTAYA・ウエルシア・ドラッグユタカ・眼鏡市場・図書館(一部地域限定)などです。発行後登録できる店舗は、ファミリーマート・サークルKサンクス・スリーエフ・牛角・ドトールコーヒー・毎日新聞・ENEOS・カメラのキタムラ・エディオン・アルペンなどです。他にも発行できる店舗はあり、店員に「Tポイントカードをください」と伝えるだけで手続きしてもらえます。

Tポイントカードの作り方(大見出し)
Tポイントカードを作るにはどうしたらいいのだろう?もし初めてカードを作るときは、このような不安があると思います。Tポイントカードは簡単に作ることができ、無料で作ることができるところも数多くあります。店舗によって手続き方法に少し違いはありますが、簡単に作れます。

・店舗によって作り方が変わる(中見出し)
カードが発行できる店舗で触れましたが、会員登録はその場で登録できるところと後で登録するところがあります。会員登録しないと、カードを利用して貯めたポイントを使うことができないので、会員登録は必ずしましょう。
その場で会員登録する方法は、Tポイントカードが欲しいことを店員に伝えます。その後店頭で会員登録する形になるので、そこで氏名・住所・電話番号などの個人情報を用紙に記入して手続き完了です。カードはその場でもらえます。
後で会員登録する方法も、Tポイントカードが欲しいことを店員に伝えます。カードを発行してもらえますが、手続きは自宅に戻ってからです。一番簡単な方法は、web登録する方法で、まずYahoo!JAPAN IDを新規取得します。次にTカードを持っている・持っていないの画面になるので、「Tカードを持っている」にチェックを入れます。次に発行したTカード番号を入力し、入力が終わると氏名・住所・電話番号を入力します。すべて入力し終わったら、「登録」ボタンをクリックして手続き完了です。
これで貯めたTポイントを使うことができるようになります。これ以外にも、店頭で受け取った用紙に個人情報などを記入し、郵送する方法もあります。ただこの場合は時間がかかるので、早く登録したい場合はweb登録がおすすめです。

・カードの機能やサービスについて(中見出し)
Tポイントカードは、店舗によっていろいろな種類のカードが発行されています。それぞれの特徴と、実際に発行されているカードを紹介します。これを見れば、自分にあったカードを見つけることができるでしょう。
1.機能なしのカード
機能なしのカードとは、Tポイントを貯めたり使うためだけに使えるカードのことです。このカードで支払いはできません。発行手数料や年会費などは必要なく、無料で発行できます。Tポイント加盟店でTカードを提示すると、ポイントを貯めることができます。Tポイント加盟店以外の店舗では、機能なしのカードを使うことはできません。
2.クレジット一体型
クレジット一体型は、Tポイントとクレジットが一体になっているカードです。年会費無料で作れるカードもあります。機能なしのカードはTポイント加盟店のみですが、クレジット一体型の場合はTポイント加盟店以外でも、通常200円=1P貯めることができます。またTポイント加盟店では、これ以上の還元率でポイントを貯めていくことのできるカードもあります。
3.キャラクターデザインカード
機能はTポイントカードと同じですが、Tポイントを交換するときに、そのキャラクターの限定商品と交換できるサービスがあるのが、キャラクターデザインカードを持つ最大のメリットになるでしょう。Web注文すれば手に入れることができ、カード発行手数料が500円、発送料金が300円かかります。
4.デビット付きTカード
デビット付きTカードは、クレジットカードと同じように、カードで商品を購入することができます。違うところは、クレジットの場合は後払いになりますが、デビットカードだと商品を購入した時点ですぐに銀行口座から引き落としされる点です。銀行口座に商品購入分のお金がないときは、支払いできないシステムになっているので、無駄遣いする心配がありません。デビットカードの発行店舗によっては、年会費無料・ショッピング保険・海外ATMを利用できるカードもあります。

お得なTポイントカード(大見出し)
これからカードを作る人にとって、どのようなカードを選べばいいのか?悩んでいる人もいるでしょう。カードを選ぶコツは、自分がそのカードを手にしてからのメリットを考えることです。カードは年会費・ポイント還元率・保険(ショッピング保険・旅行保険)・使える店舗の数(カードの使いやすさ)、このようなことが重要になります。Tポイントカードは多くのカードが発行されていますが、このような特徴を多く持っているカードをいくつか紹介していきます。
・Yahoo!JAPANカード(中見出し)
このカードの魅力は還元率の高さです。Yahoo!JAPANカード以外のTポイントカードは、通常200円=1Pです。Yahoo!JAPANカードの場合は、どこで利用しても100円=1P貯まっていくのです。例えば10万円の買い物をした場合は、他のカードと比べて500ポイント多く貯めることができます。またヤフーショッピング・LOHACOを利用した場合は、毎月5日・15日・25日にポイント3倍貯めることができ、ソフトバンクユーザーであればポイント10倍貯めることもできます。またTSUTAYAのレンタル機能も搭載されていて更新料は無料です。年会費も永年無料で、ショッピング保険が付いています。作っておいたほうが得することはあっても、損をすることはまずないカードです。
・ファミマTカード(中見出し)
ファミマカードには、機能なしのカード・クレジット一体型・デビット付きカードがあります。ファミリマートで利用すると、200円=2Pのポイントが付きます。クレジット一体型で支払いすると、さらに200円=1Pのポイントが付きます。これを還元率にすると1.5%になります。さらに毎週火・土曜日になると、これにTポイントがプラスされます。また期間によって商品が割引になるサービスもあり、ファミリーマートで買い物するときは、ファミマTカードを持っていたほうが絶対得です。またTSUTAYAのレンタルカードとしても使え、更新料などの手数料は一切かかりません。
・TSUTAYA Tカードプラス(中見出し)
通常は200円=1Pですが、TSUTAYAで買い物するときは、来店ポイントの1Pがプラスされます。さらに誕生月は、旧CDとDVDのレンタルが半額になるサービスもあります。またTSUTAYA会員証の機能が搭載されていて、レンタルは自動更新になり、更新料もかかりません。TSUTAYA Tカードプラスを1年に1回利用すれば、翌年も年会費は無料になります。

まとめ
Tポイントカードの作り方や、一部カードの紹介をしてきました。カードを作る場所は数多くあり、手続き方法も簡単です。またカードを手に入れるまでや、手に入れてからの手数料は、無料で作れるカードは数多くあります。Tポイントは貯めやすく使いやすいカードなので、是非1枚作っておきましょう。

Tカードの比較はコチラで確認できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です